秘密 のポエム

投稿されたポエム

綺麗な言葉で飾りたてる 愉しげな音楽にはしゃいで踊る 時にそんな風に 生きることに夢中になる そしてその幼い子供のような姿が美しく思える 無邪気への憧れが叶ったかのようで嬉しくてたまらない それでも ほんの ほんの少しつまずいて、そんな時に感じる虚しさ その大きさよ どれだけ空っぽな感動か どれだけ空っぽな情熱か どれだけ空っぽな人間か 薄っぺらい紙人形 僕から生まれたのは 僕が涙を流すほどに嬉しかった全ては つまるところ 父がいたら、なんて俺は今も考えているわけだ

このポエムに寄せられたコメント

このポエムに寄せられたコメントはありません

ユーザーが投稿したポエム

秘密のおすすめポエム

ポエムの著作権侵害について

このポエムを通報する