私の詩 のポエム

投稿されたポエム

不協和音 順番通りに死んでいくのなら 僕は何番目の星になるの ビニール傘が裸になるような 風が吹いて雨が降って おにぎりが三角じゃなかった夜 いなくなったお母さんのことで 食欲をなくすはずだったのに 誰かが握った爆弾みたいな 米の塊を3個も食べた 罪悪感と満足感とが 綱引きをして心の位置を決める あらゆる感情が和音になって 繋いでゆくのは手と手のパレード 涙も汗も流したこの川で 順番通りに死んでたまるか 人の思いはこんなにも強く 僕の掌に伝わって来る

このポエムに寄せられたコメント

このポエムに寄せられたコメントはありません

ユーザーが投稿したポエム

私の詩のおすすめポエム

ポエムの著作権侵害について

このポエムを通報する