私の詩 のポエム

投稿されたポエム

キッチン 冷蔵庫の中を確めるような 親しい関係が続いていたら 卵を買い忘れることもなく トーストの上に目玉焼きを乗せた 後悔はいつも情けないほど 涙を流して溺れる時計が 正しいリズムを刻むから痛い 置いて行かれたのはどうしてだろう? 二人分の食器が並ぶ棚に 祈りに良く似た感情が宿る 空っぽだった冷蔵庫よりも 君がノックを忘れた心に ミネストローネのレシピを書いて おかわりの分まで作ってみせる 手洗いせっけんの匂いを嗅ぐと 君のエプロン姿が浮かんで 猫舌の僕の代わりに仕上げの スパイスを振れば明日が輝く

このポエムに寄せられたコメント

このポエムに寄せられたコメントはありません

ユーザーが投稿したポエム

私の詩のおすすめポエム

ポエムの著作権侵害について

このポエムを通報する