私の詩 のポエム

投稿されたポエム

獣の季節 夕立ちに足を止められて 靴下が透明になる前に ペットボトルの中で雨を拾い 飲み干したら空は明るくなった 時が動き出す瞬間を見ると 駅前の宝くじの行列が アフターファイブで埋め尽くされる 濡れたアスファルトが乾くまでに 太陽はその光で人々を ひまわりと同じ黒い影にする 僕は胃袋が膨らんだから いつもより大きな影になって ゴジラやティラノザウルスみたいに 帰る家さえ壊すかも知れず 何度もトイレを往復している

このポエムに寄せられたコメント

このポエムに寄せられたコメントはありません

ユーザーが投稿したポエム

私の詩のおすすめポエム

ポエムの著作権侵害について

このポエムを通報する